検索キーワード履歴

    ユーロカード用基板

    ユーロカードは、標準化されたサブラックに接続可能な基板(プリント回路基板)の欧州標準規格です。ユーロカード規格は、 工場設備、 コンピュータ機器、 産業用制御装置、 軍事など、さまざまな産業で使用されています。基板と基板に取り付けられているコンポーネントを損傷から保護するための基板カバーもあります。

    ユーロカードは機械的なシステムであり、使用する特定のコネクタや、コネクタコンタクトに割り当てられる信号は定義されていません。ユーロカードアーキテクチャで一般に使用されるコネクタシステムには、IEC60603.3としても規格化されている独自のDIN41612コネクタなどがあります。ユーロカードの最も一般的なサイズはシングルサイズですが、市場には他にも2種類のサイズがあります。

    ユーロカードの種類

    ユーロカードは交換可能で、新しいハードウェアに対応するために、取り付けシステム全体を交換する必要はありません。サイズ:

    • シングルサイズ(100 mm x 160 mm x 1.6 mm)
    • ダブルサイズ(233.4 mm x 160 mm x 1.6 mm)
    • ハーフサイズ(100 mm x 80 mm x 1.6 mm)

    基板カバーの仕組み

    基板カバーは、基板のコンポーネント側が衝撃や異物で損傷するのを防ぐために使用されます。回路の外観を美しく見せるためにも役立ちます。通常、ボードにしっかりと固定できるように、基板カバーの隅には穴が開いています。基板カバーはほとんどの回路に使用できますが、 特定のニーズに合わせて特定のタイプが必要になる場合があります。

    基板カバーの種類

    選択する基板カバーは、カバーを必要とする基板の種類によって異なります。基板カバーにはさまざまなサイズがありますが、基板を覆うと同時に特定部分の切抜きによって基板の一部が露出され、作業しやすくなっているものもあります。また、内側に絶縁コーティング、外側に導電コーティングが施されているものや、 静電気の蓄積を防止するため、帯電防止性を備えているものもあります。

    詳細については、 当社のユーロカードガイド を参照してください。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数