潤滑剤

潤滑剤とは何ですか?
潤滑剤は、機械の部品に薄い層として適用される物質で、接触する固体表面間の摩擦、熱、及び摩耗を低減します。適切な潤滑剤を使用することで、部品の摩擦や摩耗を制御できます。したがって、作業場で信頼性の高い操作を実現し、メンテナンスにかかる費用を削減できます。
潤滑剤には、液体(オイル、水)、固体、気体(空気)、又は半固形(グリース)など、多様な形態を用意しています。また、一部の潤滑剤は添加物を含有しているので、性能が向上します。一部の状況では、オイルではなくグリースを使用する方が効果的です。グリースは汚染物質を密封し、オイルのように漏洩しないので、優れた停止・始動性能を発揮します。ただし、グリースはオイルよりも粘性が高いので、ベアリングの速度が制限され、部品の冷却性を低下させます。また、添加する必要があるグリースの量を決定することが困難です。
潤滑剤には、以下のようなさまざまな種類とサイズのパッケージがあります。
• エアロゾル - シリコンスプレー
• ボトル
• 缶
• カートリッジ
• スズ缶又は桶
• チューブ - ペースト
潤滑剤の目的は何ですか?
• 表面にコーティングされている層によって、コンポーネントを焼き付けから保護する
• 信頼性の高い操作性を提供し、メンテナンスコストを削減する
• 装置の寿命を延長する
• エンジンの摩擦を低減する
• トランスミッションの摩擦を制御する
• 摩耗を最小限に抑える - 表面の保護層による摩耗を低減する
• 熱伝達の媒体
• 腐食や酸化を阻止し、腐食耐性のある層を形成することで、酸素などの化学物質の攻撃から表面を保護する
• 摩耗による破損物やその他の異物を取り除く
• 極端な高温での粘度の影響を減少(オイルの流れの抵抗を測定)
• ノイズ軽減

潤滑湯は、鉱物油(原油)、野菜油、及び合成油(人工)に分類されることもあります。産業用途では、ほとんどの場合、鉱物油と合成油が使用されます。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) パッケージサイズ 商標名 潤滑剤の種類 アプリケーション カテゴリ 食品加工用途でも安全 タイプ
RS品番 519-3286
メーカー型番5-56
メーカー呉工業
¥887.00
購入単位は1個
430 ml - - チェーン、コンタクト、電子機器、ギア、金属 さび取り - -
RS品番 506-725
メーカー型番LAGD 125/WA2
メーカーSKF
¥3,470.00
購入単位は1個
125 ml System 24 LAGD 125 グリース - - なし シングルポイント