クレビスピン・スナップリング・リテーナ

ピン、キー、及び固定具により、シャフト、ハウジング、及びその他のアセンブリにあらゆるコンポーネント及び装置をしっかりと取り付けた状態で保持できます。さまざまなハードウェア組み立て作業に対応するさまざまな固定クリップ、キー、固定具、ピンセットを用意しています。

どのタイプのピン、キー、固定具をどのコンポーネントに使用しますか?

  • スナップリング、保持リング、又はスナップクリップは、さまざまな種類のハードウェアコンポーネントをシャフト又はハウジングに取り付けた状態に保つのに最適です。
    • 通常は、オープンエンド / 馬蹄形の円形メタルリングCLIを備えています。このデザインでは、しっかり固定できるようにスプリングのようなグリップ動作が利用できます。
    • スナップクリップとスナップリングは、内部又は外部タイプのいずれかを購入できます。内部タイプは、円筒穴、溝、又はハウジングの内側に取り付け、外側に力がかかるように設計されていて、外部スナップリングはをシリンダやシャフトの外側にスナップ止めします。
    • 多くのC形スナップリングでは、取り付け及び取り外しに専用のスナップリングプライヤーが必要ですが、それが必要ないE型(Eクリップ)も販売しています。

  • クレビスピンは、ヘッド、シャンク、穴で構成される単純な留め具です。
    • 穴はシャンクの後端を通り、保持クリップ、又はRクリップと呼ばれる別の部品を挿入してクレビスピンを固定することができます。

  • スプリットピンは、ライトデューティタイプの基本的な金属留め具であり、シャフトや同様のコンポーネントを所定の位置に保持しているか、機械の位置合わせをしているのがよく見られます。
    • さまざまなアタッチメントを取り付けるためにアイレットが装備されており、適切なサイズの穴に差し込んだ後、通常はプライヤーや他の操作工具を使用してピンの2本の爪を曲げる必要があります。

  • スプリングピン又は(スロット付きスプリングテンションピン)は、片側に開口スロットがあるシングルコイルのスプリングスチール製です。
    • これは、穴に打ち込むとスプリングピンの直径が小さくなるように設計されており、標準的なスチール製テーパーノックピンやスプリットピンよりも堅牢な保持アセンブリを構築します。

さらに、当社では、さまざまなマルチピース保持ピンと平行キーキット、及び滑らかなリニアシャフト用の数種類のプッシュオンファスナーを常に用意しています。さまざまな形やサイズのテーパーノックピンや個別のスチールフェザーキーが販売されており、便利な長さや直径の中からお選びいただけます。

"