検索キーワード履歴

    機械用ねじ

    機械ねじは、金属部品を固定するために使用される、先端が尖っていないねじです。粗目ねじ又は細目ねじ、及びさまざまなヘッドタイプのものがあります。ほとんどの機械ねじは、全面的にねじ山が切られています。 つまり、ねじ山はヘッドのすぐ下から先端まで切られています。 詳細については、当社の機械ねじの完全ガイドを参照してください。


    RSでは、金属加工やパネル構築のあらゆるニーズに対応できるように、メートル系とインチ系の両方で、高品質の固定具を幅広く取り揃えています。

    機械ねじの素材

    留め具は、さまざまな用途や環境に対応できるように、多種多様な素材で製造されています。主な素材を次に示します。

    • 真鍮製
    • スチール
    • ステンレス鋼 - A4 (316)及びA2 (304)グレード
    • ナイロン

    一部の製品には、さび予防のために、ニッケルメッキ、 亜鉛メッキ、 不動態化などのコーティングが施されています。

    ヘッドとドライブのタイプ

    機械ねじには、さまざまなドライブタイプとヘッドタイプのものがあります。適切な留め具を選択できるように、慎重に検討する必要があります。

    ヘッドの形状

    最も普及しているヘッド形状は皿頭又は平頭ですが、トラス、 パン、 六角、 丸など、その他のタイプもあります。

    ドライブタイプ

    機械ねじのドライブタイプとは、ねじの取り付け又は取り外しに使用する工具のタイプを指します。ドライブタイプは数多くありますが、 最も一般的なタイプはマイナス、 プラス、 六角、 Pozidrivです。

    機械ねじの用途

    機械ねじは通常、機械、 工具、 パネルの金属部品をしっかりと固定するために使用します。また、次の分野でも利用されています。

    • 電気製品
    • 電子機器
    • 車両
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    人気検索キーワード