型番

ドリルネジ

セルフドリルねじは、本質的には、セルフタッピングネジにドリルのポイント側の特性を加えたものです。セルフドリルねじでは、ドリル加工、タッピング、固定を1回のアクションで実行するため、事前にドリル加工されたパイロット穴を開ける必要がありません。硬化スチール製固定具は、一般に、金属と金属、又は金属と木材を固定する場合に使用されます。


すべての用途に最適なネジを決定するために、重要な検討事項がいくつかあります。セルフドリルを使用する場合の主なポイント:


フルートの長さ


セルフドリルねじのフルートの長さは、固定具の端にある小さな断面です。この長さによって、留め具で使用する金属の厚みが決定します。フルートは、ドリル加工された材料を穴から出すセルフドリルねじの一部です。この領域が詰まった場合、カットアクションは最終的に停止します。これを解消できなければ、過熱状態になることがあります。


ドリルポイント


固定具の長さを決定する際には、ねじが素材を通過する長さを慎重に考えておく必要があります。ドリルポイントは、ねじの端にあり、ねじ加工されていない小さい断面です。 ドリルポイントが完成する前にねじがかん合すると、ねじが損傷するか、又は折れる恐れがあります。


セルフドリルねじのタイプ


セルフドリルねじは、セルフタッピングネジと同じヘッド形状及びドライブタイプで使用できます。ねじの材料、仕上げ、めっきは、ねじを使用する素材と環境に応じて変わります。


ヘッドの形状


  • つば付き六角頭

  • 六角フランジヘッド

  • 皿頭

  • なべ頭

  • ボタンヘッド

ドライブのタイプ


  • 六角

  • クロス

  • Pozi

ねじのタイプには、メートルねじ、UTSねじ(Unified Thread Standard)という2つの主要なカテゴリがあります。


用途


セルフドリルねじは、2種類の材料を固定する必要がある用途に最適です。これは、ドリルと固定がセルフドリルねじの1回の動作で完了するためで、精度と速度が重要なさまざまな環境で特に便利です。最も一般的なものは次のとおりです。


  • クラッディングと屋根葺き

  • スチールフレーム

  • 金属及び木材のフレーム

  • 車の生産ライン

  • シートメタル作業

  • HVACダクト配管

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0