型番

タッピング ネジ

セルフタッピングねじは、独自の機能を備えた特殊なタイプのファスナーです。プラスチック、木材、金属などの材料で、独自のねじをタップすることができます。セルフタッピングねじは、ねじ山形成とねじ山カットという2つのメインカテゴリに分割されています。ねじの働きは似ていますが、両者の間には明らかな違いがあります。ねじの一方にフラットベースがある場合、他方にはシャープポイントがあります。

ねじ山形成ねじ

このタイプのセルフタッピングねじを使用する前に、ドリルで素材にパイロット穴を開けることをお勧めします。ねじ山形成ねじに平らなノーズがある場合、ドリル作業が簡単です。ねじ形成用ねじは、プラスチック同士を束ねて固定する場合に使用されます。


ねじ山カットねじ

このスタイルのセルフタッピングねじは、準備が不要です。先に尖った先端があるため、事前にドリル加工されたパイロット穴を作成する必要はありません。ねじ山カットねじでは、材料のねじ切り中に、入口に小さな穴を開けることができます。

セルフタッピングネジは、定期的にメンテナンスが必要で、簡単なアクセスが求められる用途で使用されてきました。このネジは、アクセスパネルや家具など、製品の組み立てと分解が必要な場合に便利です。

使用可能なセルフタッピングファスナーの種類

最適なセルフタッパーを選択する際、検討が必要なキーポイントがいくつかあります。ヘッド形状とドライブタイプとねじサイズが正しいことを確認してください。終端の選択を決める際に重要なもう1つの要因は、ネジの材質と、ネジがどのような環境や物質に晒されるかということです。

セルフタッパーで作業する際に使用する実際の工具は、ドライバーだけです。適切なタイプのドライバーを利用できることを確認してください。

ドライブのタイプ


  • プラスドライバー

  • 六角頭

  • Pozi

  • Torx

  • ヘッドの形状


  • なべ頭

  • 皿頭

  • ボタンヘッド

  • 素材と仕上げ


  • スチール

  • ステンレススチール

  • 光沢亜鉛めっき

  • 透明不動態化
  • 積載

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    ページ
    1
    /
    0