型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

クリンチナット

クリンチナットとは
クリンチナットは、通常、アルミニウム、スチール、又はステンレスの鋼板に恒久的に取り付けられます。一般に、セルフクリンチングナット又はフラッシュナットと呼ばれています。このナットには、通常はねじ切りには薄すぎると考えられる厚みにもかかわらず、強力で再利用可能なねじ山があります。

クリンチナットはどのように使用しますか?
クリンチナットは、適切なサイズの穴に配置して、ナットの頭に水平圧入することにより取り付けることができます。この操作後は、母材が専用に設計された首下に入り込み、負荷に耐え、トルク耐性のある結合が実現します。

クリンチナットの取り付け方法:
•クリンチナットの取り付けを開始する前に、鋼板の厚みや使用されている材質に対して適切なスピゴット長が選択されていることを確認してください。適切な穴サイズを選択し、材料鋼板に下穴径を開けます。
•ナットとプレートが同じ軸に沿って完全に整列していることを確認して、ナットのスピゴットエンドを合わせ面の反対側全体に取り付けます。
•プロファイルパンチを使用して適切な大きさの圧力をかけて、板金にナットのギザを圧入します。
•取り付けが完了すると、留め具に回転抵抗が発生し、スピゴットジョイントは、板金と同一面上に仕上がります。

クリンチナットの用途
この留め具は、さまざまな用途に使用されます。最も一般的なものを以下に示します。
• 白物家電
• 通信
• 自動車業界
• オーディオ
• 電気
• エンクロージャ

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数