型番

サーキットトリップ

サーキットトリップは、回路ブレーカの漏電、短絡又は熱過負荷に反応します。障害が発生すると、サーキットトリップが回路を開放します。サーキットトリップは、短絡による過負荷又は高電流による熱を感知すると作動します。


サーキットトリップの種類


サーキットトリップには電気機械式と電子式の2種類があります。電気機械式のサーキットトリップは、電流に敏感なデバイスと熱に敏感なデバイスの2つの可動部分があり、この2つの可動デバイスが協調して回路を開くタイミングを決定します。電子式のサーキットトリップはプログラム可能なデバイスで、電気機械式ほど機械的ではありません。電子式サーキットトリップはサーキットブレーカを流れる電流の測定と時間を計り、必要なときにトリップの電気信号を送ります。


適切なサーキットトリップの選択方法


適切なサーキットトリップは、使用している回路又はデバイスによって異なります。適切なサーキットトリップを選択するために考慮すべき特性は定格制御電圧や定格電流など多岐にわたります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数