型番

電子回路ブレーカ

電気回路ブレーカは、電気回路を破損から自動的に保護するため設計された電気スイッチです。電流が安全なレベルを超えると回路を遮断します。


電気回路ブレーカの仕組み


電気回路ブレーカは過負荷又は短絡を防止します。基本機能は、故障が検出されたときに電流を遮断することで電気システムを安全に稼動させることです。アクティブな電流の制限を組み合わせることで短絡と過負荷を無効化します。


電気回路ブレーカが重要な理由


通常、家庭ではシステム全体を保護するメインの電気回路ブレーカがあります。それに加えて、洗濯機、タンブルドライヤー、エアコンシステムなどの多くの家電製品に小型の電気回路ブレーカが組み込まれています。


電気回路ブレーカが無い(又は代替となるものが無いfuses)と、単純な配線の問題や機器の故障に起因する火災の危険性等が生じるため、家庭で実用的に電気を使用できなくなります。ヒューズは一度しか作動できず、交換する必要があります。電気回路ブレーカーであれば、作動後も再度使用できます。

Loading...

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0