検索キーワード履歴

    検電ドライバー

    検電ドライバーは、電気回路や電気機器に電気が通っているかどうかを確認するための電気計測器です。通常のドライバのように見えますが、内部にネオンやLEDを利用した発光体があり、電気が正しく流れると点灯します。


    検電ドライバーは、どのように機能しますか?


    検電ドライバーは、電子回路と直接接触するように設計されています。ドライバの金属先端が導電体に接触し、電気が回路を流れると、発光体が光ます。これを利用して回路のさまざまなポイントをテストし、そのポイントに電気が流れているかを確認でき、障害発生箇所を特定できます。


    検電ドライバーの選び方


    検電ドライバーにはさまざまなものがあり、次のような点で異なります。選択する際には、必要に応じて選択してください。


    • テスト可能な最大電圧と最小電圧
    • 内蔵ランプの種類(ネオン・LED等)
    • サイズと形状(ブレードの長さやハンドルの設計など)
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数