検索キーワード履歴

    ヒートシンク

    ヒートシンクは、放熱・吸熱を目的として機械内に組み込まれる部品です。電子回路においてはCPU等の発熱する部品に接続して放熱・吸熱を行うのが一般的です。

    材質は金属製の製品が多く、伝熱特性の良いアルミニウムや鉄、銅などが使われることが多いですが、最近ではセラミック製やシリコン製の製品も出てきています。

    ヒートシンクを選択する際には目的に合わせて以下の項目を検討し、適切な製品を導入します。

    • サイズ - 取り付け可能なサイズまたは取り付けるケースに合わせた製品を選択します。
    • 熱抵抗 - 熱抵抗が低いものほど放熱効果が高いです。熱抵抗は、ヒートシンクの材質、大きさ、形状などによって決まり、ヒートシンクの性能を上げるために表面積が広くすることが多いです。

    ヒートシンクのカテゴリを見ている人は以下のキーワードでも検索しています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    人気検索キーワード