白熱電球

電球をイメージする時、白熱電球を思い浮かべる方は多いはずです。この電球は、照明の代名詞になっています。19世紀に初めて発明された電球と同じ原理が今日でも使用され、現代の照明ニーズに対応するさまざまな白熱電球を当社では取り扱っています。自動車用、オーブンレンジランプ、インジケータ、その他日常的な宅内用途及び商業用途に適した製品を幅広く取り揃えています。

白熱電球とその用途

白熱電球は、らせん状のフィラメントを使用した従来方式の電球です。多くの場合、電灯光を生成する際の副生成物として発生する高温のために、ヒートランプとして使用されます。白熱電球では、可視光を生成するために使用されるエネルギーはわずか5 %です。

白熱電球には、次のような多くの取付具が付属しています。

  • バヨネットキャップ
  • SES E14
  • E27

標準の白熱電球は、通常はほとんどガラス製の電球構造で、タングステンフィラメントを保護しています。白熱電球は通常、LEDや他の蛍光灯よりもはるかに安価ですが、LEDはエネルギーを節約する設計です。

白熱電球はまだ入手できますか?

白熱電球は徐々に使われなくなっていますが、依然として販売されています(通常、ラフサービス又は耐衝撃性タイプと呼ばれています)。しかし原則として、こうした電球は、ヒートランプなど産業機器での産業用途のみを意図しています。