型番

ウォームギヤ / ピニオンギヤ

ウォーム / ピニオンギアは、 ウォームホイールギアとも呼ばれており、 非常に大きな減速比でより高いトルクを実現する必要がある場合のギア構成です。産業や家庭の幅広い用途で使用されています。ウォームギアは、歯でギアを駆動するねじシャフトに似ており、 この機構で機械や部品の動作を可能にします。シャフト又はウォームが1回転するたびに、 ギアは1つの歯だけ前方に回転します。したがって、 歯数が50の場合、 ギア比は50:1になります。つまり、 ピニオンギアとウォームギアは、ウォーム駆動と呼ばれるギア配置で連動します。

ウォームギアとピニオンギアの仕組み

たとえば、電気モーターを使用して、ウォームギアに回転力を 加えると、 ピニオンギアに対して回転し、 スパーギアの場合と同様にピニオンギアにトルクを伝達します。このシステムは、ウォームギアがピニオンギアを簡単に回転させられるように設計されていますが、 逆にピニオンギアが動力をウォームギアに伝達することはできません。ピニオンギアがウォームギアを回転させようとすると、 2個のギア間の摩擦により、ウォームギアが回転しなくなります。これは、セルフロックと呼ばれています。

ウォームギアとピニオンギアの用途

ウォームギアとピニオンギアは、重機だけではなく、家電機器にも使用されています。これらは、コンベアシステム、 調整機器、 リフトやエレベータ、 ゲート、トルセンデフ(高性能車両やトラックの搭載部品)などの機械で役立っています。

Loading

Filters
Sort By
Displaying Page
1
of
0
Displaying Page
1
of
0