ヒートシーラー

また、バッグシーラーとも呼ばれるヒートシーラーは、密封包装やバッグにも使用されます。ヒートシーラーは、バッグの中身を保護するために、防水性と気密性を確保する場合に最適です。ほとんどのバッグシーラーは、卓上シーラーです。
一部のヒートシーラーには、カッター機構が付属しています。つまり、シールが形成されると、余分な素材を切断できます。

ヒートシールとは?
ヒートシールとは、溶融樹脂シートを溶かして接着するためのプロセスです。これで、シールが形成されます。

バッグシーラーはどのように機能しますか?
シーラーには加熱されたワイヤ又はバーが取り付けられているので、シーリングアームを閉じると、アームのシリコンに押し付けられます。ワイヤとシリコンの間にバッグを配置すると、加熱されたエレメントがプラスチックを溶着します。

ヒートシールはどのような素材に使用できますか?
ヒートシーラーは、ポリテンやポリ塩化ビニルなどの熱可塑性樹脂向けに設計されています。選択したヒートシーラーには、親和性のある材料が記載されています。一部のヒートシーラーは、レイフラットチューブにも対応しています。
ヒートシーラーの主な違いには、長さと容量があります。ヒートシーラーのシール長さと幅は、多様なバッグのサイズに合わせて異なります。また、シールの厚さは、ヒートシーラーで対応できる容量を示します。

インパルス式ヒートシーラーとは何ですか?
インパルス式ヒートシーラーは、使用時にのみ加熱されます。電気的インパルスが加熱エレメントに沿って移動し、加熱エレメントを迅速に加熱します。バッグを密封すると、温度が低下します。非インパルス式ヒートシーラーは、電源投入時に常時加熱されます。従って、インパルス式ヒートシーラーはエネルギー効率が高く、危険性が低下します。

自動ヒートシーラーと手動ヒートシーラーの比較
手動ヒートシーラーは、手で操作できるレバーハンドルを備えていて、頻度の低い用途に最適です。自動ヒートシーラーは、生産レベルが高い産業環境に適しています。シールを形成するために磁気機構を使用しています。

ヒートシーラーはどこで使用されますか?
ケータリング
倉庫
オフィス
汎用パッケージ

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) シール幅 最大シール厚さ 高さ 長さ シール長さ
RS品番 521-8644
メーカー型番FV802-01
メーカーハッコー
¥20,389.00
購入単位は1個
1.6mm 0.2mm 200mm 330mm 80mm 200mm
RS品番 664-6582
メーカー型番FV803-01
メーカーハッコー
¥32,733.00
購入単位は1個
5mm 0.4mm 250mm 400mm 100mm 200mm