検索キーワード履歴

    ギロチンカッター

    ギロチンカッターは、紙や文書の縁をまっすぐにして必要なサイズにカットするための装置です。ギロチンカッターは、アームカッター又はレバーカッターと呼ばれることもあります。 機能ギロチンカッターは、重いボードで構成され、測定に便利な方眼や対角線があり、上辺に沿って定規が付けられています。こうした測定補助機能により、用紙を切断する前に用紙を正確に揃えることができます。用紙を所定の位置に固定するためのクランプや透明な定規が付いたギロチンカッターもあります。 ギロチンカッターの側辺又は上辺には、用紙をカットするための端にレバーが付いたブレード又はナイフがあります。用紙をギロチンカッターに挿入し、ガイドを使用して位置を合わせ、カッティングアームを降ろすことできれいにカットされます。ギロチンカッターでは、一度に複数枚の用紙をカットでき、また正確で一貫性のある方法でドキュメントを繰り返しカットすることが可能です。 ロータリーペーパーカッターロータリーペーパーカッター又はロータリートリマーは、ドキュメントの端のトリミングに使用され、ギロチンカッターよりも少量の用紙に対応します。このペーパートリマーも、ギロチンカッターの一部の機能を備えていますが、カッティングレバーではなく、円形のブレードを使用します。この円形ブレードは、カッター上部のレールに沿ってスライドするシャトルに収められています。ブレードは密閉されているため、カッターは安全に使用できます。ロータリーペーパーカッターでは、使用するブレードに応じて、用紙をさまざまな方法でカットしたり、ミシン目や刻み目を付けたりできます。このカッターはギロチンカッターより精密で、カメラマン、デザイナー、広告代理店、学校、一般家庭、及びオフィスで使用されます。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数