型番

インクペン

デジタル時代の現在でも、すべてのオフィスワーカー、建築家、エンジニアが、ペンを使用しています。ペンはWi-Fiを必要としないため、バッテリーが切れることはなく、落としてもバンクが壊れることはありません。太字で判読可能なメモ、図表、スケッチを作成する場合、単純なペンよりもすばやく簡単に書けます。デジタル印刷の読みやすさと鉛筆の軽便さを兼ね備えています。

RSのインクペンには、トップブランドの多様なモデルがあり、先端のサイズと厚さを選択することで、微細な作業と広いストロークが実現します。技術図面、美術品や工芸品、又は速記によるメモなど、多様なニーズに合わせたペンを用意しています。

ボールペン

信頼性が高く、安価なボールペンは、あらゆるオフィス又は教育現場で使用されています。独自のインク供給システムにより、ボールポイントを垂直に保持する必要はありませんが、任意の角度で使用できます。この汎用性と耐リーク性のある設計を組み合わせることで、多様な用途に適合します。

ボールペンは、速乾性のある油性インクを使用しているので、汚れにくくなっています。使い捨てのため、補充する必要はありません。

ファインライナー

ファインライナーは、グラフィックの設計とスケッチに使用されることが多く、繊維又はプラスチックの先端を使用して、大胆で精密なインクラインを描くことができます。長い金属クラッドの先端を備えているので、定規、スライド、テンプレートとともに使用すると、パフォーマンスが向上します。この特性により、ファインライナーは技術図面によく使用されます。

ファインライナーは、染料ベースのインクを使用していることが多く、鮮やかで大胆な色を出せますが、残念なことに、日光にさらされると、時間の経過とともに退色します。

万年筆

ペン先の形状がユニークなので、ボールペンにはない汎用性の高いスタイルを提供します。また、書道やグラフィックデザインに関心のある人に好まれます。万年筆には、カートリッジ又は容器からインクを供給する金属製のペン先が付いています。

旧式の万年筆では、インクボトルからインクを引き出す組み込み機構を介してインクを補充します。ただし、最新の万年筆インクは、いつでも交換できる使い捨てのインクカートリッジに付属しています。万年筆は水性インクを使用しているので、油性インクより乾燥時間が長くなり、慎重に取り扱わないと汚れることがあります。

万年筆は他のペンよりも漏れやすく、高価格ですが、筆記に個性を表現したい人に好まれます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数