アルミ電解ネジ端子

アルミ電解ネジ端子(電解コンデンサナット)は電解コンデンサの追加部品です。電解コンデンサは、多くの場合、コンデンサの端に固定ポイントがあり、円筒形になっています。この固定ポイントは、回路基板又はデバイスにコンデンサを接続するものです。アルミ電解ネジ端子は、主に丸形をしており、事前形成ナットと一緒にコンデンサの上部に取り付けられています。ナットのねじ山のサイズは標準サイズで、簡単に締め付けられます。


アルミ電解ネジ端子は、どのような用途に使用されますか?


アルミ電解ネジ端子は多くの場合、絶縁され、コンデンサスタッドに機械的に固定されて、コンデンサを保護します。取り付けクリップを使用して、機械的な衝撃や振動によってコンポーネントに障害が発生しないよう支持します。


アルミ電解ネジ端子の種類


アルミ電解ネジ端子には異なるサイズの直径のものがあり、幅広い電解コンデンサに対応できます。また、異なる沿面距離にも対応します。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

3 件中 1 - 3 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) 取り付け穴径 沿面距離 ねじ径
RS品番 183-5419
メーカー型番PYB7042
メーカーKEMET
¥251.00
購入単位は1個
30.5mm 9mm M12
RS品番 172-6673
メーカー型番PYB7042
メーカーKEMET
¥129.484
購入単位は250個
30.5mm 9mm M12
RS品番 173-4147
メーカー型番PYB7041
メーカーKEMET
¥130.64
500 個
22.5mm 5mm M12