型番

電圧制御水晶発振器 (VCXO)

VCXO発振器(電圧制御水晶発振器)は、外部デジタルPLLで出力周波数を制御する必要がある設計で使用されます。VCXO周波数は、印加される制御電圧(Vc)によって「引き込まれ(プル)」ます。この機能は、ドリフトの原因となる水晶の経年変化を相殺し、長期間目的の出力周波数を維持できます。 設計者 / エンジニアは、選択したVCXOの「プルレンジ」がいくつかを知る必要があります。総プルレンジは、最小制御電圧から最大制御電圧への周波数シフトに等しく、通常は50 ppmから 200 ppm (最大)です。


絶対プルレンジ(APR)


VCXOを指定する際に使用されるもう1つの一般的なパラメータは、「絶対プルレンジ」(APR)です。一般的なVCXOの仕様は±35 ppm~50 pp (最小)です。

APRは、温度、経年変化、電源の変動、負荷の変動など、周波数に影響を与えるその他の要因を考慮した上での最小プルレンジとして定義されます。

APRは、総プルレンジから、温度、経年変化、電源の変動、及び負荷の変動から予測される変化を差し引いたものです。

設計者は、製品寿命にわたるすべてのドリフトをカバーできると期待できるAPRを選択します。

VCXOの設計には3種類あり、基本波水晶を使用するタイプ、3次高調波水晶を使用するタイプ、内部PLLを使用して周波数を逓倍し、出力周波数を拡大するタイプがあります。

基本波水晶タイプは80 MHzまでの制限があります。第3次高調波設計は周波数が高く、200 MHzまで出力可能です。位相ノイズ / ジッター性能が最も優れています。PLLタイプは周波数範囲が最も広く、最大2100 MHzまであります。また、プログラマブル発振器を利用できます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数