型番

抵抗アレイ(集合抵抗)

抵抗アレイ(集合抵抗)とは、複数の抵抗器を1つのパッケージに内蔵した抵抗でです。ネットワーク抵抗とも呼ばれます。

主に厚膜型と薄膜型に分類され、厚膜型は、同一の抵抗値を多数並べる場合に使い、薄膜型は、アナログ回路などで、相対的な抵抗値のばらつきを低減したい場合に使われます。

形状

主にDIPタイプ、SIPタイプ、チップタイプがあります。

特長

部品点数の削減、省スペース化、高密度実装などの利点から、電子回路の中に多く用いられています。

用途

デジタル回路のプルアップ・プルダウン抵抗、ダンピング抵抗、A/D変換、D/A変換、LED電流制限など、車載用機器、産業用機器で幅広く用いられています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数