積層チップインダクタ

積層チップインダクタは、インダクタの上部にある2つの導電コイルパターンで構成された受動部品(つまり外部電源が必要)です。このコイルは、電流が通って流れるときに磁場の形態でエネルギーを蓄える下層の2つの同類のコイルパターンと接続します。


積層チップインダクタは、どのような用途に使用されますか?

積層チップインダクタは、移動通信システム、携帯電話、Bluetoothデバイス、チューナなどの高周波で動作するデバイスで使用されます。その積層形式は、雑音を抑制し、通信デバイスにおける信号品質(受信)に影響を及ぼす可能性のある信号の反射を阻止するのに最適です。 


巻線構造よりもスペースが少なくて済み、小型デバイスや隙間なく詰め込まれた基板に適しています。 

 
積層チップインダクタの種類

この製品には、さまざまな形態があります。 


積層チップインダクタを選択する場合、回路の要件を考慮し、インダクタが処理できるような必須電流フロー、耐圧、温度に対応するモデルを選択する必要があります。これにより、インダクタと正しい回路をペアにできます。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。