型番

スイッチングスパークギャップ

スイッチングスパークギャップは、電気機器のサージ保護に使用される電圧制御の機器です。切り替えを高速かつ高エネルギーで(ただし、エネルギーをあまり失うことなく)行う必要がある回路を切り替えるために使用されています。電圧スパイクが発生した場合、破壊され、過電圧を安全にアースに分流します。広い温度範囲で動作することができます。


スイッチングスパークギャップは、どのような用途に使用されていますか?

スイッチングスパークギャップは、建物内及び自動車内の両方で、暖房器具やガス器具内で使用されることが多いです。また、高電圧スイッチ、発電所や変電所、及び大型電源トランスにも含まれます。


スイッチングスパークギャップの種類

スイッチングスパークギャップが動作する基準となる容量には、さまざまなものがあります。つまり、電圧許容範囲、ピーク電流、最大スイッチング周波数、及び絶縁破壊電圧がすべて、(時には大幅に)変動する可能性があることを意味します。サイズ、チューブの長さと直径も異なります。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0