感光基板現像液

処理薬品は、さまざまな産業で使用されています。処理薬品は、多くの処理に不可欠な要素であり、化学反応を利用して処理を継続しています。そのような処理は、必要な状況に応じて、クリーニング、現像、エッチング、ストリッピング、コーティング、又はめっきといったものになります。塩化鉄は、一般的な処理薬品です。


処理薬品は、どのような用途に使用されますか?


名前が示すとおり、処理薬品は化学プロセスの促進又は高速化に使用されます。塩化鉄は触媒であり、エッチング回路基板の処理にも使用できます。処理薬品は化学反応を促進するため現像で使用されます。また、材料のストリッピング又はコーティングにも使用できます。


処理薬品の種類


処理薬品は、開始する処理の種類によって区別されます。

  • 洗浄用薬品は、材料から不要な粒子を除去します。
  • 現像用薬品は、材料内での処理及び化学変化を開始します。
  • エッチング用薬品は、表面を非常に精密な方法でストリッピングでき、回路基板の製造で使用されています。
  • コーティング及びめっき用薬品によって、材料上に新しい化学的表面を形成します。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) プロセスタイプ
RS品番 489-9113
メーカー型番DP-10
メーカーサンハヤト
¥140.00
購入単位は1個
試作
RS品番 490-0881
メーカー型番DP-50
メーカーサンハヤト
¥460.00
購入単位は1個
試作