型番

防音イヤーマフ

イヤーディフェンダーは、 イヤーマフとも呼ばれ、 さまざまなレベルの危険な騒音公害からの聴覚保護を目的に設計されています。すべてのイヤーディフェンダーは、欧州の業界認定の標準保護レベルであるSNR等級(単一数評価値)に適合しています。 適切なイヤーディフェンダーを使用することで聴覚を保護し、耳鳴りや聴覚障害の発生を防止できます。さまざまなタイプのイヤーディフェンダーとその仕組みの詳細については、 当社のイヤーディフェンダーガイドを参照してください。工場、 建設現場、 などの騒音の大きな環境での作業では、聴覚を保護することが重要であり、 RSコンポーネンツでは、いくつかの市場をリードするブランドのイヤーディフェンダーを幅広く取り揃えています。ブランドには、3M、 Peltor、 Delta Plus、 JSP、 Alpha Solway、及び当社の独自ブランドRS Proがあります。



イヤーディフェンダーの種類



イヤーディフェンダーは、騒音の多い環境での作業時の聴覚障害を防ぎます。 イヤーディフェンダーにはパッシブ式と電子式の2種類があり、どちらも耳を包み込んで保護します。



パッシブイヤーディフェンダーは、音響フォームで音を吸収し、音が耳に到達しないようにするバリアの役割を果たします。 音響フォームによって耳に入る音を減衰させ、 長時間でも快適に使用できます。



電子式イヤーディフェンダーは、パッシブイヤーディフェンダーと同様の構造になっています。 ただし、 小型マイクが騒音を検出し、減衰レベルを調整して保護レベルを実現し、騒音から保護します。



会話機能付きイヤーディフェンダーは、電子式イヤーディフェンダーのベースにマイク、 無線機能、Bluetooth機能を追加したものです。同様のパッシブ減衰と電子減衰が得られ、 低 → 中程度の騒音を遮断しますが、 音声やアラームなどの高周波数をはっきりと聞くことができます。FMラジオ付きイヤーディフェンダーを使用すると、作業中に音楽やラジオを聴くことができます。最後に、 組み込みの会話機能により、仕事中に耳を保護したまま、同じ周波数で他の従業員の話を聞いたり会話したりすることができます。



会話機能付きイヤーディフェンダーの種類



会話機能付きイヤーディフェンダーには、「聞き取り専用」と「会話用」があります。「プッシュトゥスピーク」と「プッシュトゥリッスン」のイヤーディフェンダーでは、聞くときや話すときにボタンを押す必要があります。ノイズキャンセリングマイクを使用すると、会話中の周囲の騒音を低減でき、 明瞭なコミュニケーションに役立ちます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数
人気検索キーワード