型番

真鍮・ブロンズ ねじ込み型継手

p ねじ継手は、ねじ込み式パイプとアクセサリを連結して配管システムを接合するための技術です。オスねじ及びメスねじコネクタタイプがあり、 BSP、 NPT又はGのようなねじ規格から選択できます。ねじ継手は、主に重要性の低い用途(家庭用オイル、 ガス、 エアコン、 暖房及び換気設備、又は空圧、 車載用途)の小径配管に使用されています。通常、ねじ込み式継手はブロンズ、 真鍮プラスチック又は鋳鉄製です。ねじ込み式継手の最も一般的な種類には、90 °エルボ、 45 °エルボ 、 T型、 ストレート継手、 スクエアヘッドプラグ、 六角ヘッドプラグ、 リデューサ、 アダプタ、 フランジ、 キャップ、 ブッシュがあります。ねじ込み式継手システムにより、振動が発生しないすべての低圧、 低温設備で漏れのない接続を実現します。/ph2真鍮製継手のDZとは何ですか? /h2p真鍮製部品に貼付されているDZ又はDZR記号は、その部品が耐脱亜鉛腐食性を有していることを示しています。脱亜鉛腐食性は、配管および暖房システム内で発生する腐食の一種です。/ph2青銅または真鍮製の継手の測定方法を教えてください。/h2pオス継手のサイズを測定するには、配管の外径(OD)を計算する必要があります。ただし、 メス継手を測定するには、配管の内径(ID)を測定する必要があります。/ph2 固着している真鍮製継手を緩める方法を教えてください。/h2p 固着した真鍮、 銅又は青銅製のねじ込み式継手は、2つの方法で緩めることができます。 最初に、 供給を遮断して、継手の外側に付着した残留物を取り除く必要があります。残留物を取り除いたら、 継手のねじ山に浸透液を直接かけて、しばらく放置します。継手が緩まない場合、 金属は加熱すると膨張するので、継手を加熱してみてください。金属の膨張により粘着性のある残留物がはがれて、継手が動くようになります。/ph2 接続を密閉するために追加のワッシャーを使用する必要がありますか? /h2p ねじ込み式継手に何らかのシーリングを使用することを推奨します。シーリングは、 BSPP、 BSPT、 NPT又はその他のタイプのねじであるかどうかにかかわらず推奨されます。このことは、ガスケット、 ワッシャー、 シーリングテープ又はシーリング液にも適用されます。 /p<:gt/>

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数