型番

真鍮・銅 プッシュフィット継手

銅管継手とは?

配管及びパイプ断熱に、銅製のパイプ継手を採用することにより、アマチュアと専門家のどちらにも迅速で便利なソリューションを提供します。配管のすべては、パイプと管継手にかかっています。パイプは水路を作り、継手は流れを制御及び操作します。プッシュフィット式パイプ継手により、ねじ式フィッティングやはんだ付けに完全に頼ることなく、防水密閉を維持しながらパイプをタップやインレットに結合できます。特別なスキルを必要としないプッシュフィットコネクタは、労力と時間を節約し、心配をなくします。いったんパイプがコネクタに接続されれば、特別な工具を使用しなければ外すことができません。銅製のプッシュフィットコネクタには通常、パイプを互いに接続するシュフィット-プッシュフィット、又はタップ及びインレットに接続するプッシュフィット-ねじ固定があります。



銅管継手を使用する理由

銅は非常に高い温度に耐えることができるため、セントラルヒーティング用途に広く使用されています。

さまざまな種類の継手

アダプタ
アダプタは、パイプを延長するために使用されます。又は、パイプの端の接続タイプを変更するためにも使用されます。

ブッシュ
ブッシュは、異なるサイズのパイプを接続するために使用されます。通常、大きな管継手のサイズを小さくして接続します。

カップリング
カップリングは、パイプを延長するために使用されます。又はパイプのサイズを変更するために使用されます。

エルボ
流れの方向を変更する必要がある場合は、エルボを使用します。主に90度と45度の角度で製造されています(22.5度や60度のような独特なサイズもあります)。エルボはねじ式又は溶接で接続され、配管で使用される最も重要な継手の1つです。

ティー
水供給に複数の分岐が必要な場合に、ティーを使用します。基本的に、サイドにアウトレットが付いた長いカップリングです。これらの管継手は、インレットに対するアウトレットの角度が90 °で、「ラン」(金具の横方向の直線的な長さ)及びサイドのアウトレット(管継手の「上部」、ランから90度の角度)に基づいてサイズが調整されます。ティーのランがサイドのアウトレットより小さい場合には、よく「ブルヘッド」管継手と呼ばれます。

キャップとプラグ
キャップは、名前が示すように、パイプの端に取り付けるキャップで、デッドエンドを作成します。プラグもパイプやチューブシステムを停止しますが、ストッパーのように、パイプの端に詰め込まれます。

クロスタイプ管継手
クロスタイプ管継手には4方向に4つの開口部があります。これは、4本のパイプが交差するポイントで接続されます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数