型番

真鍮・銅 はんだ継手

真鍮 / 銅はんだ継手は、主に配管システムで銅パイプを接続するために使用される、あらかじめはんだ付けされた継手です。


真鍮 / 銅はんだ継手はどのように機能するのですか?


真鍮 / 銅はんだ継手は、正しく銅チューブに結合されていれば、毛管作用の原理によってチューブと継手の間に十分な無鉛はんだの層が存在するため、機械的に強固な液漏れしない接合が形成されます。外部からはんだ付けする必要はありません。使用する前に、パイプと継手の両方をスチールウールで洗浄する必要があります。パイプを継手にスライドさせて挿入し、奥までしっかり押して、はんだリング(継手の外側のリッジによる示される)に熱を加え、結合を固定します。 


真鍮 / 銅はんだ継手は何に使用しますか?


この継手は、飲料水、軽油、天然ガス、液化石油ガス又は圧縮空気を供給するために使用できます。さまざまなニーズに応じて、ストレート、エルボー、T字型及びレデューサーの構成が用意されています。 

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数