型番

塩ビパイプ継手

PVCパイプ継手は、プラスチックパイプに接続して方向を変更するか、パイプ同士を接続するために使用します。パイプ継手は、水、ガス、液体廃棄物などの物質の輸送に対応しています。

通常、パイプ継ぎ手は、ねじ山、プッシュフィット、又はプラスチック溶接を介してプラスチックパイプに接続します。PVCパイプ継手の直径は、mm又はインチで指定されます。直径50 mmのパイプは、互換性のあるパイプにフィットします。

PVCパイプ継手のタイプ:
エルボ継手及びベンド継手を使用すると、流れの方向を変更できます。
T字型継手やクロス継手は、システム内で複数のパイプを接続するために使用します。
カプラ、アダプタ、ユニオン継手は、パイプの延長に使用します。
キャップ継手とプラグ継手は、パイプの終端に使用します。
レデューサとカップリングは、サイズの異なるパイプの接続に使用します。

使用場所
PVCパイプ継手は、多様なパイプや配管の施行時にプラスチックパイプを接続するために使用します。この継手は、住宅、商業、産業システムで使用されています。以下に、PVCパイプ継手の用途の例を示します。
配管
ヒーター
排水
構造
製造

PVCを選択する理由
PVCは、配管継手に使用される一般的な材料です。耐久性に優れ、軽量でコスト効率に優れています。PVCは無害なので、製造用途でも安全です。PVCは耐水性と耐火性の両方を備え、液体や気体の輸送に最適です。
PVCパイプ継手は寿命が長く、使用終了時にリサイクルできるので、環境に配慮されています。

どのタイプのPVCを利用できますか?
uPVC (非可塑化ポリ塩化ビニル)は、PVC-Uと呼ばれることもあります。これは耐久性に優れ、長持ちする硬質プラスチックです。メンテナンスがほぼ不要で、耐候性があるので、配管継手に最適です。
CPVC (塩素化ポリ塩化ビニル)は、耐熱性と柔軟性の高いPVCです。産業用液体の用途や、温水と冷水の両方のシステムに最適です。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数