型番

ステンレス鋼 はんだ継手

はんだ継手(毛管継手とも呼ばれる)は、接合チューブの外側に被せるように設計された平滑パイプの短い部分です。はんだワイヤは、継手の縁の周囲に使用して、過熱して塞ぎます。ステンレス鋼はんだ継手の利点は、金属の強度及び耐腐食性があり、清掃しやすいことです。


ステンレス鋼はんだ継手は何に使用しますか?


ステンレス鋼はんだ継手は、食品や飲料など、厳しい衛生管理が必要な製品をパイプ及び継手が供給及び接触する必要がある多くの産業で使用します。これには、食品、乳製品、醸造、バイオテクノロジー、製薬、化学産業などがあります。


ステンレス鋼はんだ継手のタイプ


エルボー継手は、モデルに応じて特定の角度(90 °や45 °のカーブなど)に曲がっている継手です。 


ティー継手はT字型で、3本のパイプを接続するように設計されています。


ストレート継手は、さまざまな形で使用できます。隣接する2本のパイプのコネクタとして機能するものや、1本のパイプの端に取り付けられてエンドキャップとして機能するものもあります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数