型番

ステンレス鋼 ねじ継手

ステンレス鋼ねじ継手は、スチールパイプを接続するために使用します。テーパーねじはパイプの端がねじ切りされ、シーラーはねじシール材又はねじシールテープ(PTFEテープ又はテフロンテープとも呼ばれる)の形態で使用されます。パイプレンチは、パイプをねじ継手にねじ込むために使用されます。


ステンレス鋼ねじ継手は何に使用しますか?

ステンレス鋼ねじ継手は、建物で天然ガスやプロパン燃料を供給するためや、配管システムで使用します。これは、機械的損傷や高熱に対する耐性があるため、火災用スプリンクラーシステムでよく使用されます。 


ステンレス鋼製のねじ継手の利点は、金属の強度及び耐腐食性があり、清掃しやすいことです。 


ステンレス鋼ねじ継手のタイプ

ステンレス鋼ねじ継手には、バルクヘッドアダプタ(パネル越しに異なるサイズと構成のチューブやパイプを接続するために使用)、ニップル(他の2つの継手を接続するために使用)、エルボー(カーブしたアングルでパイプを接続するために使用)、ティー(3本のパイプに対応するT字型継手)など、さまざまなタイプがあります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数