型番

スケール防止剤

スケール防止剤とは何ですか?
スケール防止剤とは、化学的又は機械的な一種の処理剤です。わずかに不溶性を有する化合物がシステムの壁面に付着、凝固すること(スケールの形成)を防止するために、送水システムに注入して流動させます。
なぜスケール防止剤を使うのですか?
スケール防止剤は、送水速度を高めることで、送水システム内のスケール形成を抑制及び / 又は防止するために使用します。
処理方法の種類
電解質: 安全性に注意したうえで、ごく微量の亜鉛を放出すると、スケールの硬質粒子を多数の小さな針状結晶に変化させる効果が長く持続します。変化した硬い結晶は、送水システムを通して排出されます。
磁気: 磁場が形成されると、硬質スケールの粒子は多数の小さな針状結晶への変化を誘発されます。変化した硬い結晶は、送水システムを通して排出されます。
ポリリン酸: 配管内の水に含まれるポリリン酸の濃度を一定に保つと、水あかの原因となる水中に溶解したミネラルが化学反応を起こします。水温が高いときにこれらのミネラルの凝固を防止すると、配管やその他の金属表面に対する硬質スケールの固着を能動的に防ぐことができます。100 %食品グレードのポリリン酸であるため、飲料水及びその他の食料品に安全にご利用いただけます。
電子: 低レベルの電流とマイクロプロセッサ技術により、変動する電界を形成できます。水温が高い場合、硬質スケールの粒子は、水中に溶解したカルシウムに引きつけられます。硬質スケールは、金属への固着を防止され、送水システムで排出されます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数