検索キーワード履歴

    バルブアクチュエータ

    バルブアクチュエータは、バルブを開閉する機構です。手動バルブは、人が直接調整する必要があります。アクチュエータにより、人の介入なしにバルブを自動的に作動できるようになります。
    どのように機能しますか?
    アクチュエータは、エネルギー源によって作動する制御機構です。バルブアクチュエータは、ガス圧、油圧、又は電気によって動作し、これによりバルブを遠隔操作したり、大型バルブをすばやく操作することができます。
    種類
    • 複動式: このアクチュエータは、ピストンの両側に空気 / 液体が供給される複動構成で、一方の側の圧力をもう一方よりも高くすることによってバルブを作動させるのに必要な動作を得られます。
    • スプリングリターン式: スプリングリターン構成のアクチュエータは、ピストンの一方の側にのみ空気 / 液体が供給され、バルブを作動させるエネルギーは反対側にあるスプリングによって得られます。
    • 空気圧式: 空気圧式アクチュエータは圧縮空気を利用して作動エネルギーを生成します。このアクチュエータは迅速に応答しますが、高圧環境には適していません。
    • 油圧: 油圧アクチュエータは、液体を使用してバルブに圧力を加えます。液体は圧縮可能でないため一般に大きな力を発揮しますが、加速度及び速度が制限されます。
    • 電気: 電動アクチュエータは、主電源やバッテリなどの電力源を使用してアクチュエータを作動させます。複雑な電気回路を使用して、アクチュエータを作動させるタイミングをプログラムします。
    用途
    アクチュエータは産業用バルブの自動化のために、あらゆる種類のプロセスプラントで使用されています。たとえば、廃水処理プラント、発電所、製油所、鉱業及び核処理、食品工場及びパイプラインで使用されています。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数