油圧センサ

油圧センサー(トランスデューサとも呼ばれます)は、圧力測定値をアナログの電気出力信号に変換します。


油圧センサーはどのように機能するのですか?

他のトランスデューサと同様に、油圧センサーが正常に動作するには電気入力源が必要です。トランスデューサの入力電圧は変動することがありますが、通常は10 Vです。これに対し、出力は、通常は数十万ボルトになります。システムの圧力が変化すると、使用されている電気回路のトランスデューサの抵抗が変化し、出力電圧が変化します。油圧センサーの出力信号は、アナログ-デジタルコンバータ(ADC)を追加するだけで、デジタル信号を必要とするシステムで使用できます。


油圧センサーのタイプ


ひずみゲージ

ひずみゲージトランスデューサは、圧力下でひずみの影響を受ける半固定抵抗器(測定回路に組み込まれる場合があります)の機械的変形を使用します。


厚膜 / 薄膜トランスデューサ

厚膜 / 薄膜トランスデューサでは、チタン窒化膜がセンサ装置に塗布され、圧電(電圧)に対する感度が高い回路が圧力にさらされます。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。