空圧清浄機器

当社では、レギュレータ、継手、フィルタ、ホースアセンブリなど、幅広い空圧清浄機器を在庫しています。また、エアガンやシールキットなど、システムビルダの必需品も在庫しています。

空圧システムでの清浄の重要性

空圧清浄機器は、空圧システム内ですべてのコンポーネントに水分や油分のない安定した流量のクリーンな圧縮空気が供給されるように設計されています。これを使用すると、あらゆる空圧プロセスを効果的に実行し、最適な効率を達成しながら、保護も実現できます。

空気清浄機器のタイプ

  • フィルタ - 主に、空気の流れから粒子や水分をフィルタして、システムの下流で汚染物質からの干渉を防ぐために使用されます。エアフィルタは、除去する必要がある粒径に応じて、さまざまなサイズが用意されています。
  • レギュレータ - 圧力と流量の調整に使用される減圧バルブで、入力圧力や流量に関係なく一貫した出力圧力を維持します。
  • 潤滑装置 - 摩擦を防止して空圧式コンポーネントが効果的に機能するようにし、摩耗や損傷を軽減するために使用されます。オイル潤滑は、オイルフォグ潤滑装置がオイル粒子をミストの形で圧縮空気の流れに分散させる一般的な方法です。
  • コンビネーションユニット– 1つのシステムに複数タイプの機器を搭載し、貴重なスペースを節約できる空気清浄システムを用意しています。このコンビネーションシステムは、フィルタとレギュレータの2ピースユニットとして用意されており、FRアセンブリ又はFRシステムと呼ばれます。さらに、フィルタ、レギュレータ、潤滑装置の3ピースユニットも用意されており、FRLアセンブリ又はFRLシステムと呼ばれます。

これらのデバイスはすべてサイズが異なるため、精度と信頼性を確保できるように、システムの継手と互換性があることを確認することが重要です。空圧システム内で使用する前に空気を清浄する手順を実行することで、システムを最大の成果を生む状態で稼働させ、機械と機器のサービス寿命を延ばすことができます。