空圧シリンダ・アクチュエータ

当社では、ISO / VDMAプロファイル / ラウンドラインコンパクト、ミニチュア、スライド、クランプなど、さまざまな空圧シリンダ及びアクチュエータを提供しています。さらに、Festo、Parker、RS Proなど、市場で最も信頼できるブランドのピックアンドプレース用のグリッパ、エアベローズ、ショックアブソーバもあります。

空圧シリンダの仕組み

圧縮ガスの力を使用して動力を生み出す空圧シリンダシステム。この力は、シリンダロッドを押すことにより、ピストン(ディスク)が直線か回転かを問わず目的の方向に動く原因となります。空圧シリンダの機能は、例えばシリンジの機能を思い起こさせます。これらは、動きを発生させる主な力としてガスを使用するため、エアシリンダとも呼ばれます。

空圧シリンダは、油圧シリンダよりも静かでクリーンな傾向があり、適用される表面を汚染する危険性がある漏れのリスクがないため、多くの場合、機械用途のエンジニアに好まれます。また、ロッドレスシリンダの形態のものもあります。ロッドレスシリンダの形態のものは、従来の空圧シリンダに必要なスペースよりも大幅に省スペースで大きな出力が必要な場合に特に便利です。

空圧シリンダの制御方法

空圧シリンダはアクチュエータを介して制御できます。アクチュエータは、機構又はシステムの動作を担うコンポーネントです。アクチュエータは、制御信号とエネルギー源を組み合わせた操作によって機能します。エネルギー源は、エア圧で表されます。アクチュエータは、信号として圧力を受信すると、そのエネルギーを機械的な動作に変換します。アクチュエータが引き起こす動作のタイプに応じて、主に2種類のタイプ(リニアアクチュエータとロータリアクチュエータ)で区別されます。

エアアクチュエータの利点

  • 大きな力を生み出すために必要な圧力変化は比較的小さく、高圧の圧縮空気によって生じるエネルギーを動作(直線又は回転)に変換します。
  • 他のタイプよりも強力で安価
  • 多くの場合、信頼性と安全性が高い
  • システムを動作させるための動力源を貯蔵する必要がないため、シリンダの始動と停止が必要な場合に迅速に対応できます。

空圧シリンダは、どのように使用されますか?

これは、主要なエンジン制御システム、製造業界(開放バルブやロータリベルトなど)、及び自動車部門(自動車やトラックのブレーキやサスペンションなど)で使用されます。