型番

油圧センサ

油圧センサは、 トランスデューサとも呼ばれ、 圧力測定値をアナログ電気出力信号に変換します。このタイプの圧力センサは、油圧を利用するさまざまな産業用途に最適です。

油圧センサの仕組み

他のトランスジューサと同様に、 油圧センサが正常に動作するには、電源が必要です。トランスジューサの対応入力電圧は以下のとおりです:

油圧センサは、 トランスデューサとも呼ばれ、 圧力測定値をアナログ電気出力信号に変換します。このタイプの圧力センサは、油圧を利用するさまざまな産業用途に最適です。

油圧センサの仕組み

他のトランスジューサと同様に、 油圧センサは、正常に動作するために電気入力を利用します。 トランスデューサの入力電圧は通常10ボルト未満です。 ただし、 センサの種類によって異なる場合があります。対照的に、 出力は通常、10万ボルト単位です。システムの圧力が変化すると、回路のトランスデューサの抵抗が変化し、出力電圧が変化します。 油圧センサの出力信号は、アナログ - デジタルコンバータ(ADC)を追加するだけで、デジタル信号を必要とするシステムで使用できます。

油圧センサのタイプ

ひずみゲージ - 通常、ひずみゲージ素子が圧縮又は伸長されると、ひずみゲージのインピーダンス又は電気抵抗が変化します。

厚膜 / 薄膜トランスデューサ - 厚膜 / 薄膜タイプのトランスデューサで、 センサ装置はチタン窒化膜を備え、圧電(電圧)に対する感度が高い回路が圧力にさらされます。

変動しますが、通常は10ボルトです。 一方出力は通常、10万ボルト単位です。システムの圧力が変化すると、使用する電気回路のトランスデューサの抵抗が変化し、出力電圧が変化します。 油圧センサの出力信号は、アナログ - デジタルコンバータ(ADC)を追加するだけで、デジタル信号を必要とするシステムで使用できます。

油圧センサのタイプ

歪ゲージ - 歪ゲージトランスデューサは、圧力下で歪の影響を受ける可変抵抗器(測定回路に組み込まれる場合があります) の機械的変形を使用します。

厚膜 / 薄膜トランスデューサ - 厚膜 / 薄膜トランスデューサで、 チタン窒化膜がセンサ装置に塗布され、圧電(電圧)に対する感度が高い回路が圧力にさらされます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数