型番

凝縮水ドレイン

凝縮水ドレイン、 又はエアドレインは 空圧システムから凝縮液を除去するために使用されるバルブの一種です。システム内の空気が冷えると、 空気中の湿気が凝縮水に変わります。水は損傷や腐食を引き起こす可能性があるため、空気システムから凝縮水を取り除くことが重要です。凝縮水ドレインは、一般に空圧清浄システム及び圧縮空気処理システムで使用されます。

凝縮水ドレインは、互換性のあるシステムと用途の要件に応じて、さまざまなサイズと容量をご用意しています。特に便利なのは自動ドレィンです。 この場合、ドレインを空にすることを忘れるリスクが小さくなります。

ドレインの用途

凝縮水ドレインは、例えば工場など、あらゆる種類の空圧システムで 使用できます。フィルタと組み合わせて使用し、空圧システム内での汚染物質の除去、堆積防止に役立ちます。 余分な潤滑剤、 金属粒子、 錆や酸化膜をフィルタでシステムから分離し、 ドレインを使用して除去できます。

凝縮水ドレインは、凝縮水の蓄積を防止するためにシステム内の低い場所に設置でき、高価な機器の損傷リスクやダウンタイムの必要性を軽減させます。

手動ドレィンと自動ドレインの比較:

  • 手動凝縮水ドレインは、凝縮水を排出するために使用できるプラグ又はボタンを備え、ユーザーが操作できます。一部のバルブはわずかに開いたままにすることができ、連続した排出が可能です。
  • 自動凝縮水ドレインは、 自動ドレインとも呼ばれ、 水位の上昇に伴って上昇するフロートを使用します。これにより、スプリングバルブが開き、凝縮水を放出します。

凝縮水ドレインの使用場所

  • レシーバタンク
  • 一体化フィルタ
  • 水セパレータ
  • エアドライヤー

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数