型番

I/P & E/Pコンバータ

I/PコンバータとE/Pコンバータは、変動する電流及び電圧入力信号に応じて空圧を変化させることができる空圧継手の一種です。これらのコンバータは、制御室にも現場にも取り付けることができます。一部のデバイスには、取り付けブラケットとコネクタプラグが付属し、低圧に弱い場合があります。 I/Pコンバータは電流と連動し、E/Pコンバータは電圧と連動します。

通常、空圧制御弁には、電気信号を空圧信号に変換するコンバータが必要です。 I/Pコンバータを使用すると、電気信号を空圧に変換する信頼性の高い方法が得られます。この機能では、 電気回路からの電流に基づいて、液体又は気体のフローを供給します。

I/Pコンバータの機能

I/Pコンバータは、産業用制御システムで使用される電流 - 圧力トランスデューサです。この装置は、電流入力信号(I)を空圧出力(P)に変換し、バルブの開閉を制御します。制御システムからのアナログ出力を圧力値に変換して、空圧式アクチュエータ、 空圧バルブ、 ダンパーと ベーンを制御します。これは、さまざまな速度を必要とする回路に適しています。

I/PコンバータとE/Pコンバータの違い

I/Pの「I」は電流を表し、 E/Pの「E」は電圧を表し、「P」は圧力を表します。一般的にI/Pは電流を既知の出力圧力に変換し、E/Pは電圧を既知の出力圧力に変換する電子機器です。通常、IPコンバータは4-20 mAの信号を受信してそれを空圧出力に変換します。また、E/Pコンバータは通常、0-10 Vの信号を受信し、それを空圧出力に変換します。

用途

I/Pコンバータ及びE/Pコンバータは、製造や産業オートメーションで広く使用されています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数