型番

エアドライヤー

圧縮空気ドライヤーは、 エアドライヤーとも呼ばれ、 圧縮空気から水蒸気を取り除くために使用されるシステムです。主に産業環境及び商業環境の空圧システムで使用されます。

空気が圧縮されると、 水や汚染物質のレベルも高くなります。装置を損傷しないようにするため、圧縮空気システムの水を必ずフィルタリングすることが重要です。また、エアドライヤーは、ダウンタイムを防止し、機器の寿命を延ばすためにも使用されます。

エアドライヤーが重要な理由

湿気は、部品の摩耗や腐食の原因となるため、多くの空圧システムにとって危険な存在です。これにより、エネルギー使用量が増加する可能性があります。ある時点で、 圧縮空気中の湿気により損傷すると、コンポーネントの交換又は修理が必要になります。エアドライヤーは、システムから湿気を除去し、ダウンタイムや機械の修理コストを削減するように設計されています。

エアドライヤーのタイプ:

  • 冷媒ドライヤー、 又は冷蔵ドライヤーは、 よく使用されているタイプのエアドライヤーです。冷媒 乾燥は、圧縮空気を冷却し、水蒸気を凝縮水に変換することで行われます。これは、空気から水や水分を分離する方法の1つです。この水は コンプレッサから除去されます。冷蔵エアドライヤー は、圧縮空気を室温まで加熱してから、システム内に放出します。
  • 乾燥剤ドライヤーは、 吸着式ドライヤーとも呼ばれ、 デシカントと呼ばれる特定の素材を使用して、圧縮空気を乾燥させ、水蒸気を取り除きます。これは熱を使用しないタイプのエアドライヤーです。吸着式ドライヤーは、広い表面積を持つデシカント素材に水を吸着させます。ただし、デシカント素材は乾燥又は再生する必要があります。 一般にデシカントが入ったタワーが2つあり、圧縮空気を乾燥させるために交互に使用され、 使用されていない方がその間に再生されます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数