型番

空圧マニホールド継手

空圧マニホールド継手は、空圧システム内で接合部を形成するために使用されます。この接合部により、例えば複数のツールを使用する場合に、異なるシステムに空気を供給できます。 マニホールドは、システム内のパイプ及びバルブに接続するメインの中央ボディを備えています。また、 キャップやコネクタなど、 マニホールドの組み立てや、ホースやチューブなどのシステム内の他部分に接続するための さまざまなコンポーネントがあります。

空圧マニホールド継手を使用する理由

空圧マニホールドは、必要とするチューブ量が非常に少ないため、システム内のスペースを節約するために使用されます。また、圧力損失を減らすためにも使用されます。空圧マニホールドでは、ガスの移動経路が短くなるため、 ガスの輸送中にシステムが圧力を失う時間が短縮されます。

空圧マニホールド継手を選択する際の考慮事項:

  • インレットとアウトレットの数
  • インレットとアウトレットのタイプ
  • 材質(ステンレススチールや黄銅など)
  • 動作温度
  • 圧力範囲

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数