検索キーワード履歴

    空圧ソフトスタートバルブ

    空圧ソフトスタートバルブを使用すると、下流圧をゆっくりと空圧システムに戻すことができます。ソフトスタートバルブで、シリンダ、 アクチュエータやその他の空圧機器が回復不能なほどの損傷を受けないように防止できます。RSでは、SMC、 Festo、Legrisをはじめとする主要ブランドの高品質バルブ製品を取り揃えています。

    空圧ソフトスタートバルブが重要な理由

    産業用空圧システムは、複雑であることが多く、用途によってさまざまな数のエアシリンダや他のエアアクチュエータが異なるタイミングや速度で実行されます。メンテナンスや修理が必要な場合は、すべての圧縮空気を機械、 空気ライン、 エアバルブとエアシリンダから完全に排出する必要があります。これは、エンジニアが安全に作業するために不可欠です。

    産業用空圧エア源は、100 psi以上に加圧されます。この高圧エアが直接完全に開かれないようにすることが重要です。このエアが完全な容量と圧力で解放されると大惨事になり、大きな被害が発生することがあります。

    空圧ソフトスタートバルブの仕組み

    ソフトスタートバルブは、エアフロ―をゆっくりと、 徐々に開いて、システム全体に圧縮空気を少しずつ取り込みます。これにより、さまざまなアクチュエータがゆっくりと安全に最大作動圧力に達します。すべての装置がしきい値ライン圧力に達すると、ソフトスタートバルブが完全に開き、圧縮空気がシステムに戻され、機械が正常に動作できるようになります。

    当社のソフトスタートバルブ製品には、さまざまな本体素材、 流量、 ねじ式インレットポートサイズ、定格圧力が揃っており、広範な空圧制御用途やオートメーション用途に対応します。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数