検索キーワード履歴
    OKL-T/6-W12N-C

    非絶縁型DC-DCコンバータ

    非絶縁型DC/DCコンバータ一は一般的なDC/DCコンバータです。これはすべて入力電源側と出力側のGNDを共有しており、入力側と出力側が電気的にはつながった状態になっています。これに対して入力(一次側)と出力(二次側)が絶縁されているタイプのコンバータは絶縁型と呼ばれます。


    出力電圧を制御する動作モードとして、PWM(Pulse Width Modulation:パルス幅変調)とPFM(Pulse Frequency Modulation:パルス周波数変調)があります。PWMはスイッチング周期(周波数)が一定でONとOFF時間比調整することで安定化を行うモードで、PFMはONまたはOFF時間は一定で周波数を変更する方法です。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数