型番

パワーオーバーイーサネットインジェクタ

PoE (Power Over Ethernet)インジェクタは、電源コンセントに接続すると、1本のネットワークケーブル経由で機器に電力とデータの両方を転送することができます。

インジェクタは、イーサネットケーブルのワイヤに電力を供給する装置です。インジェクタの代わりに、PoEが組み込まれているネットワークスイッチを使用して電力を供給することもできます。

PoEインジェクタの仕組み

PoEインジェクタは、イーサネットスイッチの下位のイーサネットケーブルに電力を供給することによって機能します。つまり、1本のケーブルで、電力とデータの両方を転送できるようになります。別の電源からPoEインジェクタ経由で電力が供給されるため、データ専用のイーサネットネットワークがアップグレードされ、既存のスイッチハードウェアをアップグレードしなくてもPoE機能を実現することができます。

PoEインジェクタの用途

  • PoEにより、IPカメラなどのさまざまな機器に給電できるため、迅速に開発し、簡単に再配置することができます。必要なデータを転送すると同時に、PoEを正しく機能させるには、イーサネット接続が求められます。
  • PoEの本来の用途の1つは、VoIP電話でした。PoEインジェクタを使用すると、リモートで電源がダウンしていても、電話は繋がります。
  • 一般に、Wi-FiやBluethooth (ワイヤレスアクセスポイント)のAP及びRFIDリーダーは、PoE対応です。

PoEインジェクタを使用した場合のインターネットの速度

PoEインジェクタを使用しても、ネットワークの速度は変わりません。インジェクタは、データ接続には作用せず、既存のケーブルに電力を供給するだけです。

PoEインジェクタの特長

  • 対応するエンドポイント機器へのPoE接続を促進します。
  • 外部電源を使用できない場所にワイヤレスアクセスポイントを装備することができます。
  • 非PoEイーサネットスイッチ又はルータにPoE機能を提供します。

PoEインジェクタの利点

  • 設置及び接続が簡単 - PoEエンドポイントやイーサネットスイッチに対するプラグアンドプレイ方式のPoEインジェクタで、データと電力を提供します。
  • ネットワークの拡張を促進 - 非PoEイーサネットスイッチに対するPoE機能により、イーサネットケーブル経由で電力とデータを同時に提供し、優れた接続を実現します。
  • 優れた投資効率 - PoEインジェクタは、既存のイーサネット機器や配線インフラを利用するため、予算への影響は必要最小限に抑えられます。
  • インジェクタは、ネットワークの機動性と効率を改善する機能により、素晴らしい評価を得ています。
  • 配線要件の軽減 - 1本のワイヤで電力とデータを提供します。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数