電源装置

当社では、さまざまな宅内用途及び産業用途で使用するさまざまな電源装置(PSU)を用意しています。当社が取り扱う製品には、宅内用途に適したAC-DC電源アダプタとデスクトップコンピュータ用電源、ベンチ電源、DINレール及びパネルマウント電源、スイッチモードPSUがあります。

電源とは

電源は、電気機器の重要な側面であり、機械、コンピュータ、又は他のテクノロジ機器に信頼性の高い電力を供給します。電源は、主電源プラグなどのソース電流を、装置を安全に動作させるのに必要な正しい電圧、周波数、及び電流に変更します。

電源の仕組み

電源は、主電源又は三相電気(多くの場合、240 V ac又は440 V ac)を使用可能な電圧(12 V dcなど)まで下げるために使用されます。PSUは、電流定格(アンペアの形式)も、電力を供給するデバイスにとって安全なレベルに変換します。

電源のタイプの違い

電源には、主に3つのタイプがあります。非安定化、リニア、及びスイッチモードです。

非安定化電源は、最も基本的なタイプであり、通常はDC出力電力で多数のリップル電圧(急速に変動する不安定さ)を出力します。入力電圧が変化する場合、出力電圧はそれに比例して変化します。非安定化電源の利点は、安価でシンプルかつ効率的であることです。リニア電源は、非安定化電源と構造的に似ており、トランジスタ回路を追加して出力を定電圧に調整するという利点もあります。スイッチモード電源は、スイッチング電源とも呼ばれ、クリーンで効率的かつ安定した出力電圧を生成するために主電源電圧を安定させることで機能します。

電源効率とは

電源効率は、内部回路に実際に供給される電力量を、主電源から引き込まれる電力量で割った値として知られています。PSUの電力効率が50 %で、電力を50ワット供給する必要がある場合、主電源から100ワット引き込まれます。余分な50 Wは、熱として失われます。90 %の効率のPSUは、同じ状況で56 W引き込みます。

電源はどのような業界で使用できますか?

次に、電源を使用できる一般的な業界と環境をいくつか示します。
  • 機械及びパネル製作
  • 保守
  • 海洋及び海上
  • 軍事及び防衛
  • 自動車
  • 電気配線
  • 家庭
  • 食品及び飲料
  • 製造
"