UPS電源

UPS電源と呼ばれる無停電電源装置は、主電源の故障時や予期しない電源遮断時にコンピュータに電力を供給するように設計された装置です。無停電電源装置は、主電源が不安定な場合に最適なソリューションです。この装置には、特定の時間にコンピュータシステムを保証する電池が含まれています。その時間は、現在のタスクを保存してコンピュータを遮断するのに十分長く、数分から25~30分までさまざまです。通常、UPSを使用すると、サーバー、データセンター、ルータ、コンピュータなどのハードウェアを保護できます。

無停電電源装置システムのタイプ

数種類の無停電電源システムが市販されています。
• オンラインUPS - 常にバッテリを充電しながら、AC入力(公共電力)をDCに変換し、インバータで安定したACに再変換することで電源を供給するシステムです。停電発生時は、一時的に電源を切断せずに電源を供給します。
• スタンバイUPS - 通常、AC入力(公共電力)が接続されている装置に出力され、停電や異常電圧が検出されると、バッテリの電源を使用してインバータが供給を開始するシステムです。停電発生時は、AC出力に数ミリ秒の一時的な切断が発生します。
• 並列処理UPS - AC入力(公共電力)から電源を供給しながら、並列接続された双方向インバータが電圧を補正し、ノイズを吸収します。オンラインインバータ(並列)システムのため、高効率と高信頼性を兼ね備えています。
• ハイブリッドUPS - このシステムは、二重変換モード、エコノミーモード、アクティブフィルターモードの3種類のモードで構成されています。このUPSは、電源状態や負荷状態に最適な電源供給モードを自動的に選択します。出力電圧を一時的に切断せずに、それぞれのモードを切り替えることができます。電源状態が悪い場合は二重変換モードが選択され、電源状態が良い場合はエコノミーモードが選択されます。

適切なUPS装置の選択方法
UPS電源は、通信ポートのバックアップ時間、サイズ、数、種類によって異なる場合があります。一部の高価格モデルには、接続されたデバイスを自動的にシャットダウンするインテリジェントシステムが装備され、データが失われず、デバイスが安全にシャットダウンされます。いずれのモデルを購入するか最終決定する前に、これらの側面をすべて考慮する必要があります。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) モデル 定格電力 入力電圧 出力電圧 VA評価 バックアップ時間 取付タイプ コミュニケーション 定格電流 アウトレット数 タイプ 長さ 奥行き
RS品番 146-8166
メーカー型番AR8105BLK
メーカーAPC
¥19,015.00
購入単位は1個
NetShelter - - - - - スクリューマウント - - - - 483mm 406mm 89mm