型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

あり溝フライス

ダブテールカッターは、ダブテールの角度が付いた溝を加工物に切断する専用工具で、部品の取り付けまたは結合に使用します。 ソリッド構造として製造することも、ホルダやインサートのビルドとして製造することもできます。


どのようなタイプのダブテールカッターがありますか?


ダブテールカッターには、さまざまな端部または先端部形状のオプションがあります。 たとえば、スクエアエンドを含む、 ボールノーズ、 半径先端、 および面取り先端などです。


  • ダブテールカッター用のスクエアエンド形状には、正方形または直線の端があり、それには半径、 面取り、 または他の仕上げがありません。

  • ボールノーズダブテールカッター先端には、半径がカッターの直径の半分になる「ボールノーズ」があります。 このタイプのダブテールカッター先端は、半径のメス半円溝の加工に便利です。

  • 先端が丸形のダブテールカッターの端は、先端に接地半径のあるストレート溝です。

  • 面取り先端部の端は、端の側面に角度の付いた部分を備えています。この先端は、加工物を角度付きで切削して面取りしたエッジを生成します。

適切なダブテールカッターを選択するには?


ダブテールカッターを選択する場合、 目的の仕上げタイプを考慮する必要があります。 通常仕上げオプションには 粗加工と切削加工の2種類の仕上げがあります。 粗加工 / 切削加工カッターは、機械の形状、 溝、 および材料を素早く大量に除去するよう設計されてます。 通常は、目的の仕上げ寸法に近い部材を機械加工するために使用され、 ここで仕上げ用ダブテールカッターに取り換えると、公差が小さくなり、表面の仕上げ品質が向上します。


ダブテールカッターの材質は何ですか?


ダブテールカッターの材料は、機械が扱うことができる切削レベルを理解する上で重要です。 カーバイド、 コバルト、 およびダイアモンドなどの素材は硬質で高速用途に使用できます。 一方、スチールなどの材料は一般的な金属加工に使用されます。 ダブテールカッターのその他の材料オプションには、超微粒子超硬合金などがあり、 研磨仕上げ作業の多くに使用されています。 他にセラミックも使用します。


ダブテールカッター用のコーティングも重要な検討事項です。 腐食や摩耗に対する保護が強化されるため、 ツールの硬さを上げ、 潤滑性と滑らかさの面の支援を提供し。 工具の総合的な耐用期間を延ばします。 ダブテールカッターのその他の考慮事項とオプションは、製造元によって異なります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数