検索キーワード履歴
    MY4N

    リレーソケット

    リレーソケットとはプリント基板や制御盤に組み込んで、リレー本体を容易に装着したり、取り外したりすることができるようにする部品です。


    リレーソケットの用途


    一般的にはプラグイン端子リレーとセットで利用します。配線をソケット側で行い、そのソケットに対してリレーを取り付けます。メンテナンス時はリレー本体を脱着するだけでなので、作業の工数を削減することができます。


    リレーソケットの接続タイプ


    表面接続タイプと裏面接続タイプの2種類があります。表面接続で代表的なものはねじ端子、プッシュイン端子等です、裏面接続ではラッピングやはんだ付けタイプがあります。製品を選択する際には用途に応じた製品を選択して利用する必要があります。


    使用上のご注意


    リレーソケットをプリント基板や制御盤に配置する場合、フットプリントは基本的にリレー本体とさほど変わらないサイズのものが多いため、実装面積的に問題が起こることは少ないですが高さと方向はリレーの直付け時に対して、リレーソケットの利用により高くなります。3Dの構造図面による事前の確認もしくは、実際の位置に仮に置くなどして検証する必要があります。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数