リレー

リレーとは、電気回路において電流のオン / オフを切り替えるために電子的に作動するスイッチの一種です。リレーは一般的な照明スイッチと同様に作動し、スイッチレバーを動かすことにより、電源のオン / オフを切り替えます。主な違いは、リレーは手動で押すのではなく電気回路で作動することです。

リレーには、さまざまな用途がありますが、絶縁が必要な場合や、回路を低出力信号で制御する必要がある場合によく使用されます。また、非常に高出力の用途に使用される特殊タイプのリレーもあり、そのようなリレーはコンタクタと呼ばれています。

リレーの種類

  • 電気機械式リレー(EMR)

電気機械式リレーは、リレーコイルに印加された電圧によってトリガーされる物理的な可動アームを使用し、このアームがリレーの出力コンポーネント内の接点に接続されます。アームの動きにより電気回路が完成し、接続されている装置に電流を流すことができます。リレー内の物理的なコンポーネントは、一般的に「カチッ」という音がするので、この音を聞いて操作のガイドにできます。

  • ソリッドステートリレー(SSR)

ソリッドステートリレーはEMRと似た働きをしますが、これには可動部品が含まれていないため、長期的な信頼性が増します。SSRに装備されている半導体スイッチング素子(通常サイリスタ、トライアック、ダイオード)が、出力信号を送信し、通電します。作動すると、入力信号がスイッチのような役割を果たし、SSRの出力コンポーネントに高電圧信号を通します。