型番

監視リレー

監視リレーとは 交流電源(電圧・電流)や温度などのアナログ信号を監視し、警報しきい値(設定した値)を基準に動作することで、機械や設備の異常を検出します。入力信号が設定した閾値に達した時に、警報信号を出力します。これにより機械や設備が壊れるのを防止し、安全にも役立ちます。入力信号は、電圧、電流、温度(熱電対、白金)、水位(電極棒)などです。出力は、リレー出力とトランジスタ出力があります。長期間安定した信頼性が求められる場合はトランジスタ出力が適しています。


監視リレーの用途


モータ保護:モータや装置の異常状態の傾向を検出


・三相モータ搭載装置 ・プレス機など


温度警報:ヒータの過昇温防止の2重化


・電子部品 ・半導体製造装置 ・工業炉など


水位制御:水位異常を検出

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数