汎用リレー

リレーは比較的小さい電流によって電源供給される電磁スイッチで、その構造により、スイッチをオフにしたり、より大きな電流を増幅したりすることができます。19世紀以来、電気通信業界で広く使用され、産業分野、自動車分野でも使用されています。現在では、リレーの用途はコンピュータや医療研究分野にまで拡大しており、リレーは日常的な機器の基本コンポーネントになっています。

汎用リレーはどのように機能しますか?

リレーは電磁力に基づいて作動します。リレーの芯は、ワイヤのコイル(一般に、低抵抗で送電が容易な銅製)で構成され、電流を受けると磁化します。

これは機器間のブリッジとして機能し、第1の機器から入力信号を受信して、第2の機器に出力を伝送します。リレー上の第1の機器からの電力によって生成される電磁電流により接点が開閉され、第2の機器に電気信号を送信するか遮断するかが決定します。

汎用リレーの用途は何ですか?

さまざまな用途に適した次のような各種リレーがあります。

  • ラッチングリレー: 磁気システム又は機械システムで操作し、1重又は2重の巻線コイルを装備できます。回路に最後に電源が供給されたときの位置が維持されます。通常は、自動ドアや自動ゲートの操作及び照明に使用されます。
  • ノンラッチングリレー: ラッチングリレーとは異なり、ノンラッチングリレーは、回路から電源が遮断されると初期位置に戻ります。通常、キーボードなどの押ボタンに使用されます。
  • 高周波リレー及びRFリレー: 高電圧が使用され、標準的なリレーでは効率的な機能に対応できない無線システム、コンピュータ、テスト、産業用機器で最も一般的に使用されます。用途の例としては、無線装置が挙げられます。この場合、リレーによって、高周波信号を送受信する回路が分離されます。

パナソニック、オムロン、TE Connectivity、当社RS Proなど、世界中で最も信頼されているメーカーの製品を幅広く取り揃え、どのようなリレーをお探しの場合でも対応できます。