インターフェースリレーモジュール・アクセサリ

インターフェースリレーモジュールは、相互に絶縁されているコンポーネントとともに使用される電気リレーであり、電位や電圧定格の違いにより、コンポーネント間の直接接続で設定することはできません。

このシナリオでは、当社の幅広いインターフェースリレーモジュールが機能して、自動システムの主要コンポーネント間で安全かつ信頼性の高いデジタル信号伝送を保証します。

インターフェースリレーモジュール用のどのタイプのアクセサリがオンラインで利用できますか?

インターフェースリレーモジュール用にえり抜いた、以下のような高度なアクセサリをご用意しています。
  • インターフェースリレーモジュールバスバー及びジャンパバーは、さまざまな種類の信号処理及びレール / シャーシ端子ブロックで使用します
  • さまざまなリレー及びソケットタイプで使用する、インターフェースリレーモジュールテストプラグは、LEDなどのダイオードタイプを選択可能です
適切なタイプのアクセサリをモジュールの正しい種類用に購入する必要があることに注意してください。これは、次のようなインターフェースリレーモジュールの仕様とパラメータの数によって異なります。
  • ブランド(当社のシリーズには、ABB、Phoenix Contact、Finder、Hongfa Europe GMBH、オムロンなどの主要メーカーが含まれています)
  • コイル電圧
  • コンタクト構成
  • スイッチング電流及び負荷電流
  • 端子種類
  • 入力抵抗、電流及び電圧範囲
  • 制御抵抗

インターフェースリレーモジュールの仕組み

インターフェースリレーモジュールの一般的な用途には、大型の無線電子 / 電気物理システムやX線機械など、幅広い最新の電力設備があります。

インターフェースリレーモジュールは、リレーの受信システムと最終制御システム間の(信号を増幅、分離する)ガルバニック絶縁を備えています。これは、信号を干渉から保護し、電気的互換性 / 情報の互換性を保証するのに役立ちます。

また、高品質のインターフェースリレーモジュールにより、システムは特殊な制御機器の機能コンポーネントの相互作用に必要なアルゴリズムを実装できます。

"